Archive for 10月, 2015

キンチョーの夏、日本の夏

というコピー。いいですよね。
花火の音がバラバラバラとなるあの感じ。あのCMに夏を感じ。あのCMが終わる頃に夏の終わりを感じます。

夏は日本が世界に誇れるエンタメが多いですよね。
祭りや花火は世界中から見にくると言われていますもんね。ハワイは毎週花火があがりますし、リオのカーニバルも大量の花火を上げるなんて聞いたことはありますが、日本のものと比べたら比ではないでしょう。あんなものは爆竹の延長です。

大きさ、色鮮やか、あのドスンという音。
あの規模感にあってなぜかしっとりとした感じがあるのは日本特有で、そこが世界中からリスペクトされわざわざ見にくる要因にもなっていると思います。

色鮮やかな花火はどうやって色を出しているんだろうと調べたことがあるのですが、
出したい色によって混ぜる成分が違うそうです。

白色はアルミニウム、青色は酸化銅、緑色は硝酸バリウムといった感じです。それらを明るくするために最近では酸化マグネシウムを足している様です。

酸化マグネシウム販売している会社儲かってそ〜

酸化マグネシウムって飲むと血圧低下とかで死ぬとかいうニュースもあって、なかなか怖い物質なのよね。。

でどんな用途にもともと使われているかって、更に調べていると、タテホ化学という会社が日本で酸化マグネシウムの取扱が多いらしいです。全然しらない。2005年までの売り上げ情報はサイトで確認できますが、最近の情報は確認できませんでした。

なんじゃそら…

まあ、需要があるということは、どこかが儲かっているということですからね。花火をより綺麗に見せるという酸化マグネシウムによる花火バブルの恩恵をタテホ化学が受けたのか?

 

ご存知の方、コメント欄で教えてくださいませ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲ芸人たちに告ぐ~そろそろ育毛してみては?

TVをつけたら明石家さんまのお笑い向上委員会をやっていた。

無茶苦茶な番組(いい意味で)なので、気がついたら見るようにしているのですが、
腕があるであろう芸人たちがさんまの無茶振りに苦戦する中、「ハゲラッチょ」でおなじみ斉藤さんが、さんまのふりに物怖じせずに食らいついてた。

R−1グランプリでは、三浦マイルドが「マイルドフラッシュ!」と叫んで、ピン芸人の頂点にたった時代もあった。TKOの木下が嫁と復縁するか悩んていると思えば、鶴瓶が松島尚美とくだらない話を展開していた。人気バラエティー番組では「薄毛芸人」が企画され、ブラックマヨネーズの小杉、アンガールズ田中、FUJIWARAの原西、カンニング竹山が登場し、元薄毛の雨上がり宮迫がMCをしていた。

TVを見ればハゲだらけ、街を見回してもハゲだらけ。この世の中一体どうなってるんだ髪(神)に問いかけたくなったほど。

エンタメ業界では、ハゲが数字をとれるのかもしれない。

「だって、見た目が面白いから」

でも、素人の我々はそういう訳にはいかない。。

「ハゲれば人生が終わる」とまでではいかないが、確実に婚期は遅れるだろうし、嘲笑の的にはされる。ハゲの人は人生のセンターポジションに輝くことはないと断言できるでしょう。(自分の人生の歴史を紐解いても薄毛のリーダーはいないと思う。。)

だから、何があっても我々はハゲてはいけないのです!
芸人さんたちにもそろそろハゲネタはやめて育毛してみては?と思うのです。

明日は我が身と、急に心配になってハゲないために色々調べてみると、ポリピュアという育毛剤が薄毛に効果がある的なことを書いてある記事を多数発見。しかし、疑い深いわたしはかなり時間をかけ、ネットの奥底まで探した結果フラットな立場でポリピュアという育毛剤を批評しているサイト→http://ポリピュアexの効果.net/を発見しました。

中身をみる限り1年間以上自分で使い続けているみたいだし、サイトの約束事としてウソや誇張表現をしない宣言までしているので、信頼しても問題はないでしょう。

これからハゲ芸人を目指す人は気にしなくてもいいですが、今ハゲててネタにし尽くした芸人さんとハゲ素人を歩んでいく人は予防の意味も込めてちょいとチェックしておくことに損はないと思います。